アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身保険」の評判・口コミを保険のプロが解説

この記事ではアクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身保険」の口コミや評判を紹介しています。特長や料金シミュレーションも紹介しているので、手早く知りたい人におすすめです。

この記事を監修した専門家

田沼 隆浩

株式会社エコスマート 事業開発責任者
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

略歴

2004年から大手保険代理店で保険事業に従事。M&Aを中心に子会社社長などを歴任。2021年より株式会社エコスマートへ事業開発責任者として入社。保険セミナーの実績も多数あり。

アクサダイレクトの終身保険の商品概要

終身保険ながら保険料がお手頃に抑えられている

アクサダイレクトの終身保険は、アクサダイレクト生命が販売する死亡保険です。

いったん契約をすれば保険期間は終身なので、基本的に死亡・高度障害状態が、一生涯にわたって保障されます。

また、アクサダイレクトの終身保険は「低解約返戻金型」の保険商品です。

このタイプの商品は解約返戻金の水準を低く設定することより、お手頃な保険料を実現しているのが特長です。

中途解約しても解約返戻金が受け取れるタイプの保険

払い込んだ保険料には積立部分も含まれているので、契約を途中で解約しても掛け捨てにならず、解約返戻金が受け取れます。

急にお金が必要なとき、解約して得た返戻金で賄うという方法もとれます。

※この保険は、保険料払込期間中の解約に際して支払う解約返戻金の額を抑制する仕しくみで保険料を計算しています。
※保険料払込期間中の解約返戻金の額は、責任準備金をもとに計算した金額に所定の低解約返戻金割合(70%)を乗じた金額となります(お払込みいただいた保険料の合計額を下回ります。)なお、保険料払込期間中の解約返戻金の額を低く設定しないお取り扱いはいたしません。

保険金を生存中に受け取れる場合がある

契約の際にリビング・ニーズ特約を付帯すれば、被保険者が余命6ヵ月以内と宣告された場合、保険金の一部もしくは全部を生存中に受け取れます。

この場合の受取人は被保険者(契約者)本人となり、受け取った保険金を自分のため、有意義に活用できます。

アクサダイレクトの終身保険の特

  • 低解約返戻金型の終身保険なので保険料はお手頃
  • 契約を途中で解約した場合、解約返戻金が受け取れます
  • 被保険者が余命6ヵ月以内と宣告されたとき、生存中に保険金を受け取れる場合がある

保険料例

【契約例】保険期間・保険料払込期間:終身/死亡・高度障害保険金:300万円/リビング・ニーズ特約(無料)(保険料は2023年7月1日現在のものです)

年齢男性女性
30歳4,386円3,786円
40歳5,6614,746
50歳7,6896,210
60歳11,1578,625

上記の保険料例の保障概要

保障内容概要お支払い額
死亡・高度障害保険金※1病気・災害により死亡・高度障害状態になったとき保険金を受け取れます300万円
リビング・ニーズ特約余命6ヵ月以内と判断されたとき死亡保険金の全部または一部を生存中にお支払いします。※2

※1 高度障害保険金をお支払いしたときは所定の高度障害状態に該当したときにさかのぼって契約は消滅し、その後に死亡された場合でも死亡保険金はお支払いいたしません。保険金が支払われた場合には、契約は消滅します。
※2 被保険者が指定した保険金額から6ヵ月分の利息および保険料相当額を差し引いた金額となります。リビング・ニーズ保険金をお支払いした場合、指定した保険金額に応じて主契約が消滅または減額されます。なお、消滅または減額をした部分に解約返戻金がある場合でも、解約返戻金はお支払いいたしません。

アクサダイレクトの終身保険はどんな人におすすめ?

アクサダイレクトの終身保険は、お手頃な保険料で葬式代等に備えたい人や、掛け捨てが嫌な人におすすめです。

手頃な保険料で葬式代等に備えたい人

解約返戻金を低く抑えている分、負担の少ない保険料で一生涯にわたる死亡保障が受けられます。

そのため保障期間を気にせず、自分が亡くなったときの葬儀・埋葬の資金として、残された家族へ残すことが可能です。

掛け捨てが嫌な人

終身保険を途中で解約した場合でも、保解約返戻金が受け取れます。

この解約返戻金を利用し、老後の生活資金の不足へ充てたり、急な出費を賄う資金として活用したりしても構いません。

掛け捨てとならず死亡・高度障害保障に加えて、柔軟な資金確保手段として利用したい人におすすめです。

アクサダイレクトの終身保険がおすすめな人

  • 手頃な保険料で保障期間を気にせずに、葬式代等へ備えたい人
  • 保険料が掛け捨てとならず、柔軟な資金確保手段として終身保険を活用したい人

特約の選び方

アクサダイレクトの終身保険の特約を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを専門家が紹介します。

特約の種類

アクサダイレクトの終身保険の特約は1種類あります。

特約内容
リビング・ニーズ特約(無料)余命6ヵ月以内と判断されたとき死亡保険金の全部または一部を生存中にお支払いします。

おすすめの特約

「リビング・ニーズ特約」がおすすめです。

リビング・ニーズ特約があれば、被保険者が余命6ヵ月以内と宣告された場合、契約した保険金の一部または全部を生存中に受け取れます。

受け取った保険金の使途は自由です。被保険者の入院・治療費はもちろん、生活費等へ利用しても構いません。

アクサダイレクトの終身保険でおすすめの特約

  • リビング・ニーズ特約があれば、余命6ヵ月以内と宣告されたときに保険金を受け取れて、そのお金を被保険者が自由に利用できる。

保険料シミュレーション

ケース1:30歳男性の保険料

条件

死亡・高度障害保険金500万円
保険期間終身
保険料払込期間終身
付帯特約リビング・ニーズ特約
保険料7,310円

ケース2:30歳女性の保険料

条件

死亡・高度障害保険金500万円
保険期間終身
保険料払込期間終身
付帯特約リビング・ニーズ特約
保険料6,310円

アクサダイレクト生命の特徴

アクサダイレクト生命は、アクサジャパングループのダイレクトビジネスを担う生命保険会社で、日本で最初のネット生保として2006年に設立されました。
お客さまが自信をもって選択できる保険商品を、インターネットを通じてご提供しており、業務の徹底的なオートメーション化や、インターネット販売に特化することでコストを削減し、パンフレットや申込書のペーパーレス化により、お手頃な保険料を実現しています。
わかりやすく、便利で、合理的な保障の提供と生活の質の向上に資するサービスを提供する生命保険会社としてお客さまに高く評価されています。

まとめ

アクサダイレクトの終身保険は、一生涯の死亡保障が受けられる保険なので、家族へ確実に保険金を残したい人へおすすめです。

ただし、保険料払込期間も終身(終身払)となるので、短期間に保険料を払い終え、保険料負担をゼロにして、死亡保障を受けたいという人にはおすすめしません。

この記事の要点

  • アクサダイレクトの終身保険は、家族へ確実に保険金を残したい人へおすすめ
  • アクサダイレクトの終身保険は終身払なので、保険料を短期間に払い終え、死亡保障を受けたいという人は要検討

このご案内は、商品の概要をご説明しています。詳細につきましては、「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

【引受保険会社】アクサダイレクト生命保険株式会社
〒108-0072 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー
カスタマーサービスセンター TEL:0120-335-622
受付時間 9:00~17:30(年末年始の当社休業日を除く)

【募集代理店:問い合わせ先】
株式会社エコスマート
〒110-0015 東京都台東区東上野3-3-3プラチナビルB1
TEL:0120-937-767
受付時間  9:00~19:00(年末年始・夏季休業期間を除く)

募集文書番号:AXA-313-237-008