【2022年最新】三大疾病保険おすすめプラン人気ランキング!専門家が徹底比較して解説

この記事では専門家が独自に評価した、おすすめの三大疾病保険やお得で安いプランを紹介しています。保険の仕組みや、メリット・デメリット、どんな人におすすめか解説しています。

三大疾病保険を探していると、こんなお悩みありませんか?

40代男性

終身保険となにが違うんだろう?

40代女性

手厚い保障で安い保険プランはないの?

そんなお悩みを解決するために、この記事では保険の専門家が10項目以上の観点から比較したおすすめの保険やお得で安いプランを紹介します。

この記事を監修した専門家

田沼 隆浩

株式会社エコスマート 事業開発責任者
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

略歴

2004年から大手保険代理店で保険事業に従事。M&Aを中心に子会社社長などを歴任。2021年より株式会社エコスマートへ事業開発責任者として入社。保険セミナーの実績も多数あり。

三大疾病保険とは

三大疾病保険とは、亡くなったときに死亡保障に加えて、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」にかかった場合に一時金を受け取れる保険です。貯蓄性のある積み立てタイプの商品が多いです。

三大疾病保険の仕組み

エコスマ編集部

ちなみに脳卒中とは「脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞」をまとめた総称です。

三大疾病保険のポイント

  • 死亡保障に加え、がん、急性心筋梗塞、脳卒中に備えられる
  • 積み立てタイプで貯蓄性がある

一緒に検討したほうが良い保険

三大疾病保険を検討する場合、終身保険、医療保険、がん保険もあわせて検討しましょう。三大疾病保険は、三大疾病以外の病気に対する保障がないので、医療保険とセットで加入するのがおすすめです。

他の保険との比較

三大疾病保険終身保険医療保険がん保険
カバーできる範囲死亡
がん
急性心筋梗塞
脳卒中
死亡 病気・ケガがん
貯蓄性死亡保障付の終身タイプの場合は有り/死亡保障付の定期タイプの場合は無し有り無し無し
不足している保障がん・急性心筋梗塞・脳卒中以外の病気の保障病気の保障死亡の保障がん以外の保障
エコスマ編集部

医療保険を軸にした場合、「医療保険」+「三大疾病保険」か、「医療保険」+「終身保険」がおすすめです。

三大疾病保険はこんな人におすすめ

三大疾病保険は死亡・がん・急性心筋梗塞・脳卒中を保障するので、このような条件に当てはまる方におすすめです。

三大疾病保険がおすすめな人

  • 三大疾病に備えながら、貯蓄したい人
  • タバコを吸う人
  • 運動不足や肥満が気になる人
  • 掛け捨ての医療保険が嫌な人

三大疾病保険の種類

三大疾病保険には、終身タイプ、定期タイプがあります。それぞれ保険の期間と貯蓄性が異なります。

終身タイプとは

終身タイプは、保険期間が一生涯の三大疾病保険です。死亡保障が付いている終身タイプの三大疾病保険は、一生涯の三大疾病に対する保障に加えて、貯蓄性がありますが、保険料が定期タイプに比べて高いです。貯蓄も兼ねたい人は、終身タイプがおすすめです。

定期タイプとは

定期タイプは、一定期間のみ保障する三大疾病保険です。掛け捨てで貯蓄性はありませんが、保険料は終身タイプに比べて安いです。保険料の安さ重視の人は、定期タイプがおすすめです。

終身タイプと定期タイプの違い

終身タイプ定期タイプ
保険期間一生涯一定の期間
貯蓄性有り
※死亡保障付の場合に限る
無し
保険料高い安い

三大疾病保険のメリット

三大疾病保険のメリットは主に2つあります。

三大疾病保険のメリット

  • メリット1:三大疾病にかかったときの治療費を確保できる
  • メリット2:死亡保障付の終身タイプの場合、途中で解約してもお金が受け取れる

メリット1:三大疾病にかかったときの治療費を確保できる

三大疾病保険は、三大疾病にかかったときに死亡保険金相当の三大疾病一時金を受け取れます。高額な治療費がかかる三大疾病をカバーできるのが最大のメリットです。

三大疾病の治療費の例

病名入院費用3割自己負担
胃がん944,056円283,217円
急性心筋梗塞1,730,618円519,185円
脳梗塞1,766,976円530,093円
脳出血2,572,961円771,888円

【参照】公益社団法人全日本病院協会「2020年度 医療費調査(重症度別【年間集計】)」より

エコスマ編集部

国の制度には、一定額以上の高額な医療費を国が負担してくれる「高額療養費制度」があるので、その一定額以内の自己負担になる金額分を保障として確保しておくのがおすすめです。

メリット2:死亡保障付の終身タイプの場合、途中で解約してもお金が受け取れる

死亡保障付の終身タイプの三大疾病保険は解約返戻金が受け取れる、積立タイプの保険です。契約途中で他の保険に見直したい場合、解約返戻金を資金として活用できます。

解約返戻金とは
解約時に戻ってくるお金のこと

三大疾病保険のデメリット

三大疾病保険のデメリットは主に2つあります。

三大疾病保険のデメリット

  • デメリット1:保険料が死亡保険に比べて割高
  • デメリット2:三大疾病にかかっても給付金を受け取れない可能性がある

デメリット1:保険料が高い

死亡保険に三大疾病の保障が追加されているタイプの三大疾病保険は、他の死亡保険に比べて保険料が高くなる傾向にあります。

デメリット2:三大疾病にかかっても給付金を受け取れない可能性がある

三大疾病保険では、三大疾病にかかったとしても給付金を受け取れない場合があります。がんは診断されると給付金を受け取れますが、急性心筋梗塞と脳卒中は「所定の状態」にならないと給付金を受け取れない商品が多いです。

給付金の給付条件の例

病気種類給付条件
がん初めてがんと診断確定されたとき(再発を含む)に給付金が支給される
急性心筋梗塞・急性心筋梗塞を発病して、60日以上の労働制限がされている
・急性心筋梗塞を発病して、その治療を直接の目的として手術を受けた場合
脳卒中・脳卒中などを発病して、60日以上の後遺障害が継続した場合
・脳卒中などを発病して、その治療を直接の目的として手術を受けた場合

三大疾病保険の選び方

三大疾病保険のプランを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを専門家が紹介します。

1.給付金が支払われる条件を確認する

三大疾病保険は、死亡したときや高度障害状態に該当した場合に加え、がん、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になった場合に給付金が受け取れます。

給付金が支払われる事象

  • 死亡、高度障害状態
  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

がんの保障について

悪性新生物だけでなく、上皮内新生物でも給付金を受け取れる三大疾病保険がおすすめです。

上皮内新生物とは
がんのうち、上皮と呼ばれる表面の浅い組織内にできたもの

がんの給付条件の注意点

  • 上皮内新生物でも満額で受け取れるか
  • 皮膚がんなど、一部のがんの支払いが対象外になっていないか

また、がんの保障には90日間の「待ち期間」がある商品が多いです。待ち期間中は、がんが保障されません。

待ち期間の仕組み

急性心筋梗塞について

急性心筋梗塞と診断されて、所定の状態が続くと給付金を受け取れます。所定の状態が何日続けば支払われるのかがポイントです。継続条件を「60日」としている商品が多いですが、継続条件を「30日」としている商品もあります。

急性心筋梗塞の給付条件の注意点

  • 労働が制限された状態が何日間続けば保険が支払われるのか

脳卒中について

脳卒中と診断されて、所定の後遺症が続くと給付金を受け取れます。所定の後遺症が何日続けば支払われるのかがポイントです。継続条件を「60日」としている商品が多いですが、継続条件を「30日」としている商品もあります。

脳卒中の給付条件の注意点

  • 所定の後遺症が何日間続いたら保険が支払われるのか

2.受け取りたい給付金額を設定できるか

三大疾病保険では、加入時に決めた基本保険金額を元に、死亡保険金や三大疾病一時金が支払われます。三大疾病にかかった場合の入院・手術の費用や万が一の葬儀費用をカバーできるくらいの金額を給付金額に設定するのがおすすめです。

エコスマ編集部

プランによって、100万円~500万円で設定できる商品が多いです。

エコスマートの申込み件数ランキング

保険の代理店であるエコスマートにおいて、2022年9月1日~2022年9月30日の各商品の申込み件数を基にランキングにしてご紹介します。

1位:なないろセブン(なないろ生命)

がんと6大疾病を一時金で保障

なないろセブンは、なないろ生命が販売する特定疾病一時金保険です。がん(初期のがんを含む)、急性心筋梗塞・拡張型心筋症、脳卒中・脳動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患で所定の状態に該当した場合、まとまった一時金が受け取れます。

なないろセブンの特徴

  1. がんと6大疾病で所定の状態に該当した場合、まとまった一時金が保障される
  2. 一時金はがん、6大疾病それぞれ1年に1回を限度として、回数無制限で受け取れる
  3. 初期のがん(上皮内がん)も保障対象で、特約を付加し更に保障を手厚くできる

保険料例

条件:特定疾病一時金基準金額50万円/6大疾病の給付割合:100%/先進医療・患者申出療養特約:付加/7大疾病保険料払込免除特則:非適用

年齢男性女性
30歳1,185円1,068円
40歳1,749円1,383円
50歳2,796円1,929円
60歳4,458円2,663円
保険料払込期間・保険期間:終身の月払(クレジットカード扱・口座振替扱)保険料例(保険料は2022年10月1日現在のものです。)

上記保険料例の保障概要

保障内容概要お支払い額
特定疾病一時金(がん)[主契約]がん(上皮内がんを含む)で所定の状態のとき、30万円~500万円までのまとまった一時金をお受け取りいただけます。(1年に1回限度、回数無制限)
※60歳~80歳の最高取扱金額は300万円です。
※がんを原因とする保障の責任開始期は、主契約の保険期間開始日からその日を含めて91日目となります。
1回につき50万円
特定疾病一時金(6大疾病)[主契約]6大疾病で所定の状態のとき、30万円~500万円までのまとまった一時金をお受け取りいただけます。(1年に1回限度、回数無制限)
※60歳~80歳の最高取扱金額は300万円です。
1回につき50万円(給付割合:100%)
先進医療・患者申出療養給付金、先進医療・患者申出療養見舞金[特約]所定の先進医療または患者申出療養制度による療養を受けたとき、先進医療または患者申出療養制度にかかる技術料と同額+先進医療・患者申出療養給付金の10%相当額をお受け取りいただけます。
先進医療・患者申出療養給付金:通算2,000万円限度
先進医療・患者申出療養見舞金:通算200万円限度
先進医療・患者申出療養給付金:先進医療または患者申出療養制度にかかる技術料と同額
先進医療・患者申出療養見舞金:先進医療・患者申出療養給付金の10%相当額

N-B-22-0240(221028)

2位:特定疾病保障保険With(ウィズ)(オリックス生命)

<無配当 特定疾病保障保険(2016) >

がん・急性心筋梗塞・脳卒中に備えられる

特定疾病保障保険Withはオリックス生命が販売する特定疾病保障保険です。がん・急性心筋梗塞・脳卒中になったとき、まとまった保険金を受け取れるので、高額になりがちな医療費に備えられます。

特定疾病保障保険Withの特徴

  1. がん・急性心筋梗塞・脳卒中に備えられる
  2. 遺された家族の生活費をサポートする
  3. 2つの保障タイプから自分に合ったタイプが選べる

月払保険料例(口座振替扱)

年齢男性(終身型)男性(定期型:10年満了)女性(終身型)女性(定期型:10年満了)
30歳5,781円1,206円4,995円1,383円
40歳7,893円2,289円6,429円2,613円
50歳11,433円5,172円8,313円3,738円
60歳17,487円11,661円11,268円5,382円

保険金額300万円、(終身型)保険期間:終身、保険料払込期間:終身払(定期型:10年満了)保険期間:10年満了、保険料払込期間:10年満了の場合(保険料は2022年10月1日現在のものです。)

上記保険料例の保障概要

保障内容概要保険金額
特定疾病悪性新生物責任開始日以後に初めて約款所定の悪性新生物(がん)になったと診断確定されたとき、特定疾病保険金をお支払いします。
責任開始時以後に約款所定の急性心筋梗塞を発病し、つぎのいずれかに該当したとき特定疾病保険金をお支払いします。
・60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき
・急性心筋梗塞の治療を直接の目的として、約款所定の手術を受けたとき
責任開始時以後に約款所定の脳卒中を発病し、つぎのいずれかに該当したとき特定疾病保険金をお支払いします。
・60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき
・脳卒中の治療を直接の目的として、約款所定の手術を受けたとき
300万円
死亡・高度障害・死亡したとき死亡保険金をお支払いします。
・病気またはケガにより約款所定の高度障害状態に該当したとき、高度障害保険金をお支払いします。
300万円

*「 悪性新生物責任開始日」は、責任開始日からその日を含めて91日目となります。
※特定疾病保険金、死亡保険金、高度障害保険金は重複してお支払いしません。
※支払事由に該当し保険金が支払われた場合には、保障は消滅します。
※この広告は商品の概要を説明しています。詳細は「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を必ずご確認ください。

【引受保険会社】オリックス生命保険株式会社
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-3-2 大手町プレイス イーストタワー
TEL:0120-208-667

ORIX2022-B-217

2位:3大疾病保険プレミアムZ(チューリッヒ生命)

3大疾病を一生涯保障する

3大疾病保険プレミアムZはチューリッヒ生命が販売する3大疾病保険です。特約を付加することで3大疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中)による入院費や手術費用だけでなく、その後の通院にかかる費用も保障します。

3大疾病保険プレミアムZの特徴

  1. 入院・手術・通院にかかる費用に備えられる
  2. 健康保険適用、適用外、両方の所定の抗がん剤治療に備えられる

保険料例

年齢男性女性
30歳1,360円1,660円
40歳1,840円2,100円
50歳2,600円2,580円
60歳3,560円3,000円
基準給付月額20万円(Ⅰ型)、ガン先進医療特約(Z06)(3大疾病特約(Z03))付加、保険料払込期間・保険期間:終身の月払保険料例(保険料は2022年10月1日現在のものです。)

保障概要

保障内容概要お支払い額
抗がん剤治療給付金
[基本保障]
ガンの治療を直接の目的として、公的医療保険制度の給付対象となる所定の抗がん剤が処方・投与される治療を受けたとき給付金をお支払いします。月額20万円
自由診療抗がん剤治療給付金[基本保障]ガンの治療を直接の目的として、所定の抗がん剤が処方・投与される次のいずれかの治療を受けたとき給付金をお支払いします。
①欧米で承認され、かつ公的医療保険制度対象外の治療
②先進医療または患者申出療養による療養であること(通算12ヶ月限度)
月額40万円
ガン先進医療特約(Z06)(3大疾病特約(Z03)付加)
[特約]
3大疾病の治療を直接の目的として、所定の先進医療の療養を受けたとき、3大疾病先進医療給付金として先進医療にかかる技術料と同額を保障します。
(ただし、保険期間を通じて2,000万円を限度とします)
また、3大疾病先進医療給付金の支払われる療養を受けられたとき、3大疾病先進医療支援給付金として20万円をお支払いします。
(同一の先進医療による療養については1回限度)
3大疾病先進医療給付金:所定の先進医療にかかる技術料と同額(通算2,000万円限度)
3大疾病先進医療支援給付金:20万円(同一の先進医療の療養につき1回限度)

【登録番号】募補04174-20221017(使用期限は2024年10月31日までです)

おすすめの三大疾病保険まとめ

三大疾病保険は、死亡・重度の障害とがん・急性心筋梗塞・脳卒中に備えられるので、三大疾病にかかりやすい「タバコを吸う人」「肥満や運動不足が気になる人」などにおすすめです。選び方に迷ったら給付金が支払われる条件で選ぶと良いでしょう。

この記事の要点

  • 三大疾病保険は死亡に加え、がん・急性心筋梗塞・脳卒中に備える保険
  • 「タバコを吸う人」や「肥満や運動不足が気になる人」におすすめのプラン
  • 給付金の給付条件で選ぶのがおすすめ

【募集代理店:問い合わせ先】
株式会社エコスマート
〒110-0015 東京都台東区東上野3-3-3プラチナビルB1
TEL:0120-937-767