【2022年最新】ドライバー保険おすすめプラン人気ランキング!専門家が徹底比較して解説

この記事では専門家が独自に評価した、おすすめのドライバー保険やお得で安いプランを紹介しています。保険の仕組みや、メリット・デメリット、どんな人におすすめか解説しています。

ドライバー保険を探していると、こんなお悩みありませんか?

40代男性

手厚い保障で安い保険プランはないの?

40代女性

そもそもドライバー保険に入る必要あるの?

そんなお悩みを解決するために、この記事では保険の専門家が10項目以上の観点から比較したおすすめの保険やお得で安いプランを紹介します。

この記事を監修した専門家

田沼 隆浩

株式会社エコスマート 事業開発責任者
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

略歴

2004年から大手保険代理店で保険事業に従事。M&Aを中心に子会社社長などを歴任。2021年より株式会社エコスマートへ事業開発責任者として入社。保険セミナーの実績も多数あり。

ドライバー保険とは

ドライバー保険とは、他人の車を運転して、事故を起こした場合に損害を補償する保険です。

近年は自分の車を持たず友達や知り合いの車を借りたりレンタカーを使用したりする人が多く、需要が伸びている保険と言えるでしょう。

ドライバー保険のポイント

  • 他人の車を運転して、事故を起こした場合の損害を補償する保険
  • 保険期間は基本的に1年間
  • 車両の修理に対する補償はない

一緒に検討したほうが良い保険

ドライバー保険を検討する場合、一日自動車保険もあわせて検討しましょう。一日自動車保険は、保険期間を1日から選択できる保険です。期間を短く設定できるので、ドライバー保険に比べて、支払う保険料を少なくできます。

他の保険との比較

保険名特徴
一日自動車保険保険期間を1日から選択できる
エコスマ編集部

日常的に他人の車を借りる人はドライバー保険、数日の短期間だけ他人の車を借りる人は一日自動車保険がおすすめです。

ドライバー保険はこんな人におすすめ

ドライバー保険は車ではなく、人に対してかける保険なので、このような条件に当てはまる人におすすめです。

ドライバー保険がおすすめな人

  • 他人の車を借りて運転する機会が多い人
  • 自分の車を持っていない人
エコスマ編集部

自分が持っている車の保険で他者運転特約を付けている人は、借りた車で事故を起こした場合の損害を自分の保険でカバーできるので、ドライバー保険は不要です。

ドライバー保険の補償内容

ドライバー保険の補償は主に3つに分けられます。

ドライバー保険の補償

  • 対人賠償補償
  • 対物賠償補償
  • 人身傷害補償

対人賠償補償とは

対人賠償補償とは、自動車事故で人にケガを負わせてしまったり、死亡させてしまった場合の損害に対する補償です。ケガの治療費、死亡や後遺障害に対する賠償費用を補償します。

対物賠償補償とは

対物賠償補償とは、自動車事故で他人の物を壊してしまった場合の損害に対する補償です。高額な荷物を運んでいる車との事故や間違えてお店に突っ込んでしまった事故などに対する賠償費用を補償します。

人身傷害補償とは

人身傷害補償とは、事故によって同乗中の人が死傷した場合の損害に対する補償です。入院や通院に対して1日あたり決められた金額が補償されます。

ドライバー保険のメリット

ドライバー保険のメリットは主に2つあります。

ドライバー保険のメリット

  • メリット1:被害者に対する補償が手厚い
  • メリット2:車の持ち主の保険を使わずに済む

メリット1:車の持ち主の保険が適用されない場合に備えられる

ドライバー保険に加入しておけば、借りた車で事故を起こし、万が一車の持ち主の保険が適用されない場合に備えられます。借りた車に「運転者家族限定特約」が付いていると、持ち主や親族以外の人が運転した場合の事故は補償されません。

運転者家族限定特約とは
運転する人を家族に限定することで保険料が割引される特約

エコスマ編集部

運転者家族限定特約が付いている車を借りる場合は、ドライバー保険に加入するのがおすすめです。

メリット2:車の持ち主の保険を使わずに済む

ドライバー保険に加入していれば、事故時に車の持ち主の保険を使わずに済みます。借りた車で事故を起こし、車の持ち主の保険を使用した場合、車の持ち主の保険の等級は下がってしまい、更新時の保険料が高くなってしまいます。

等級とは
事故を起こした回数や事故の内容から、保険料を上げたり下げたりする制度

等級と保険料の関係

ドライバー保険のデメリット

ドライバー保険のデメリットは主に2つあります。

ドライバー保険のデメリット

  • デメリット1:家族が所有する車は補償の対象外
  • デメリット2:ドライバー保険の等級は自動車保険に引き継げない

デメリット1:家族が所有する車は補償の対象外

ドライバー保険では、被保険者や配偶者、同居親族が所有する車による事故は補償の対象外です。友人や別居親族、レンタカーなど、他人に借りた車を運転した場合の事故のみが補償の対象となります。

デメリット2:ドライバー保険の等級は自動車保険に引き継げない

ドライバー保険の等級を新しく契約する自動車保険に引き継ぐことはできません。ドライバー保険では、高い等級で保険料が割り引かれていても、新しく加入する自動車保険では、ドライバー保険同様の割引はありません。

エコスマ編集部

反対にドライバー保険の等級が低くて保険料が割高な場合でも、新規に加入する自動車保険には保険料の割増は反映されないといったメリットでもあります。

ドライバー保険の選び方

ドライバー保険のプランを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを専門家が紹介します。

1.補償内容と保険料のバランス

ドライバー保険の保険料は、補償される賠償金額に上限を付けることで抑えられます。ただし、事故で相手を死亡させてしまった場合の賠償金額は高額になりやすいので、保険料の安さより補償の手厚さを優先するのがおすすめです。

エコスマ編集部

対人・対物の補償金額が無制限な上で、保険料がもっとも安い商品を選びましょう。

特に免許取りたての人は事故の可能性が高いので、対人・対物の補償を無制限にするのがおすすめです。

3.特約の充実さで選ぶ

ドライバー保険の特約は主に3つあります。

ドライバー保険の主な特約

特約名特徴
自損事故傷害特約借りた車で自損事故を起こした場合に補償される
搭乗者特約事故したときの搭乗者の死亡・ケガが補償される
自転車賠償特約自転車事故における対人・対物の賠償が補償される

自損事故や自転車による事故にも備えたい人は、自損事故傷害特約や自転車賠償特約を付けるのがおすすめです。よく人を乗せて運転する人は、搭乗者特約を付けるのがおすすめです。

おすすめのドライバー保険まとめ

ドライバー保険は、他人の車を運転して事故を起こした場合の損害を補償する保険なので、他人の車を借りて運転する機会が多い人におすすめです。選び方に迷ったら補償金額が無制限かつ保険料の安い商品を選ぶと良いでしょう。

この記事の要点

  • ドライバー保険は、他人の車を運転して事故を起こした場合の損害を補償する保険
  • 他人の車を借りて運転する機会が多い人におすすめ
  • 補償金額が無制限かつ保険料の安い商品がおすすめ