カードローンエージェント

50万円を借りる方法を状況別に解説!条件と知っておくべき注意点

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。
これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。
ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
> 提携企業一覧

50万円借りたい人

Mikasa:「50万円が必要!」という場面に出くわした経験がある方もいるのでは?今まさに50万円が必要で困っている人もいるでしょう。

50万円を借りる方法は複数ありますが、最適な借入方法はお金が必要な状況によって異なります。例えば、今日中に50万円が必要という場面では、大手消費者金融カードローンが便利です。

Mikasa:ということで!今回は、50万円が必要な人に向けて、状況別に借入方法をご紹介!審査なしで借りる方法や50万円を借りる条件、注意点も解説します。

50万円の最適な借入方法は状況によって異なる

Mikasa:50万円を借りるのに、万人に適した方法はありません。最適な借入方法は、お金が必要な状況によって異なるからです。

お金が必要な理由や金額、時期などを明確にし、自分に合った方法を選びましょう。最初に、50万円の借入方法を状況別にまとめますね。

状況借入方法
今日中に借入したい(※)大手消費者金融カードローン
低金利で借入したい銀行カードローン
50万円を一度だけ借りたい銀行フリーローン
使い道が明確に決まっている目的別ローン
審査なしで借りたい・クレジットカードのキャッシング
・生命保険の契約者貸付
・総合口座の自動貸越サービス
無職である公的融資
専業主婦である配偶者貸付
学生である学生ローン

急いでいるときは大手消費者金融カードローン

Mikasa:今すぐ50万円が必要なら、大手消費者金融カードローンがおすすめ。消費者金融というのは、「貸金業法」という法律にもとづいて個人や法人に貸付を行う貸金業者です。

Mikasa:なかでもプロミスやアコムといった大手消費者金融は、借入までのスピードが早く、急ぎの方に適しています。早いところだと、申込から最短20分で融資が受けられますよ。

大手消費者金融金利(年率)最短融資時間無利息サービス
プロミス年4.5%~17.8%最短20分初回借入日の翌日から30日間
アコム年3.0%~18.0%最短20分契約日の翌日から30日間
アイフル年3.0%~18.0%最短20分契約日の翌日から30日間
レイク年4.5%~18.0%WEB申込で最短25分契約日の翌日から60日間(WEB限定)または5万円まで180日間
SMBCモビット年3.0%~18.0%最短即日なし

Mikasa:融資スピードに加えて、金利も重要ですよね。金利だけでみると、消費者金融は銀行のカードローンよりも高めです。

消費者金融のカードローンの上限金利は概ね年18.0%ですが、銀行なら年14.0%~15.0%程度で借りられます。

ただ、大手消費者金融の多くは一定期間利息がかからない「無利息サービス」を提供しているので、必ずしも銀行よりも利息額が多くなるとは限りません。借入金額や期間によっては、お得に借りられる場合も。

無利息期間の解説

Mikasa:無利息サービスの有無や期間、適用される条件などは金融機関によって異なるので、よく確認してくださいね。ちなみに、大手消費者金融5社の場合、SMBCモビットを除く4社が無利息サービスを提供していますよ。

Mikasa:さらに大手消費者金融は借入・返済方法が豊富で、アプリを使ったカードレス取引にも対応しているのが特徴。利便性の高さを追及する方にもおすすめです。

大手消費者金融の特徴まとめ
・最短20分融資が可能
・無利息サービスを利用できる場合がある
・借入や返済の利便性が高い

プロミスは大手消費者金融のなかでも上限金利が低い

Mikasa:プロミスの上限金利は、年17.8%です。銀行と比べると高めですが、大手消費者金融のなかでは最も低く設定されています。仮に50万円を1年間借りたとすると、金利が年18.0%の場合は利息が90,000円発生するのに対し、年17.8%の場合は89,000円です。

Mikasa:また、プロミスの利用が初めてで、「メールアドレス登録&WEB明細の利用」の条件を満たせば、「初回借入日の翌日から30日間」無利息が適用されますよ。

Mikasa:WEB明細というのは、会員サービス上で利用明細を確認できるサービスのこと。WEB明細の利用にコストはかかりませんし、条件を満たすのは難しくないですね。

加えて、プロミスの無利息期間は「契約日の翌日から」ではなく「初回借入日の翌日から」適用されます。30日間まるごと利息がかからないので、「借入の数日前に契約を済ませておきたい」という方も安心ですよ。

項目概要
金利(年率)年4.5%~17.8%
利用限度額最高500万円
最短融資時間最短20分
無利息サービス初回借入日の翌日から30日間

公式サイトはこちら

アコムは最短20分融資で借入もスムーズ

Mikasa:借入を急ぐ方の有力な選択肢となるのがアコムです。スマホひとつで契約手続きまで完結でき、最短20分融資とスピーディーに借入できます。契約後はすぐに取引できるので、「今すぐ借りたい」方にもピッタリですね。

※混雑状況や審査の状況などによっては翌営業日以降の借入となる場合もあります。

Mikasa:振込融資を受ける場合、楽天口座なら原則24時間最短10秒で振り込まれるので、すぐに必要な資金を用意できますよ。

Mikasa:その他金融機関でも、曜日・時間帯を選べば最短1分程度での振込が可能です。他にも、ATMで借入したいなら、セブン銀行ATMを使ったスマホATM取引も便利ですが、ATM利用手数料がかかる点にはご注意を。

Mikasa:金利は年3.0%~18.0%であり、消費者金融のなかでも平均的です。ただし、アコムとの契約が初めてなら、契約日の翌日から30日間無利息が適用されます。

項目概要
金利(年率)年3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
最短融資時間最短20分
無利息サービス契約日の翌日から30日間

公式サイトはこちら

アイフルは周囲に気付かれたくない方にもおすすめ

Mikasa:アイフルも最短20分融資に対応しています。原則として勤務先・自宅への電話連絡が実施されないので、周囲にバレずに借りたい方におすすめです。

Mikasa:勤務先への電話が必要な場合は、同意を得たうえで実施されます。ただ、「99.7%の方に在籍確認を実施しなかった」との調査結果がアイフルから公表されていますので、電話がかかってくるケースは稀だと思って問題ないでしょう。

在籍確認が無かった割合

Mikasa:それから、郵送物なし・カードレス契約にも対応していますよ。カードレスでの契約にはアプリが必須となるので、アイコンを見られて借入がバレる可能性があります。

ただ、アイフルは6種類のアイコンから選択できるのが特徴。目立たないアイコンを選ぶことで、バレるリスクを下げられます。

項目概要
金利(年率)年3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
最短融資時間最短20分
無利息サービス契約日の翌日から30日間

バレずに借りたい方におすすめの理由
・99.7%の方が電話連絡なしで利用できている
・郵送物なし・カードレス契約に対応
・アプリアイコンの着せ替えが可能

公式サイトはこちら

レイクは無利息期間を選べ

Mikasa:無利息サービスで選ぶなら、レイクに軍配が上がります。

他の大手消費者金融は無利息期間が30日間に設定されていますが、レイクなら「60日間(WEB申込限定)」または「5万円まで180日間」から選択できます。

・60日間(WEB申込限定)
・借入額のうち5万円まで180日間
・30日間(利用限度額が200万円超の場合)

Mikasa:レイクが提供しているシミュレーションツールで50万円を借りたときの返済額を試算してみたところ、「60日間無利息」が適用されたケースでは、「30日間無利息」よりもお得に借りられることが分かります。

無利息期間毎月の返済額返済回数利息額
60日間14,000円50回186,421円
30日間14,000円50回200,988円

Mikasa:レイクは、WEB申込で最短25分と融資スピードにも優れていますよ。
※WEB申込で21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了した場合、即日の振込が可能です。

項目概要
金利(年率)年4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
※利用限度額が50万円の場合は年15.0%~18.0%
最短融資時間最短25分
※WEB申込で21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了した場合
無利息サービス契約日の翌日から60日間(WEB申込限定)または5万円まで180日間

公式サイトはこちら

SMBCモビットは最短10秒で簡易審査結果が分かる

Mikasa:SMBCモビットも最短即日融資が可能です。簡易審査(仮審査)結果が最短10秒で表示されるので、結果を早く知りたい方におすすめ。本審査も最短30分で完了します。

Mikasa:SMBCモビットは、大手消費者金融のなかでは唯一無利息サービスがありません。ただ、Vポイントを貯められるのが特徴です。

Mikasa:全国のVポイント提携先で貯まったポイントを返済に充てれば、負担を軽減できるでしょう。SMBCモビットは、電話応対の品質に定評のある大手消費者金融なので、借入が初めての方にもおすすめですよ。

貯まる:返済額のうち利息分200円につき1ポイント
使える:1ポイント=1円として返済に充てられる

項目概要
金利(年率)年3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
最短融資時間最短即日(審査最短30分)
無利息サービスなし

公式サイトはこちら

返済負担を抑えたいなら銀行カードローン

Mikasa:「低金利で借りて返済負担を抑えたい」「長期的な借入を検討している」という方は、銀行カードローンがおすすめ。

銀行カードローンの特徴
・消費者金融と比べて上限金利が低め
・銀行独自のサービスを利用できる可能性がある
・消費者金融と比べると融資スピードが遅め

Mikasa:先に少し触れましたが、銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低めに設定されています。銀行によりますが、上限金利の相場は年14.0%~15.0%程度です。

カードローンの特徴

Mikasa:カードローンの金利は「年3.0%~18.0%」というように幅をもたせて設定されていますが、50万円を借りる場合、上限金利が適用される可能性が高いです。

というのも、カードローンは一般的に、利用限度額が高くなるほど金利が低くなるからですね。

Mikasa:つまり、上限金利が低い傾向がある銀行カードローンを選べば、利息負担を軽減できる可能性があります。ただ、多くの銀行カードローンは、無利息サービスを提供していません。

無利息サービスがある消費者金融と比較したとき、必ずしも銀行のほうがお得に借りられるわけではないのでご注意を。

Mikasa:銀行独自のサービスを利用できる可能性があるのも銀行カードローンの特徴ですね。例えば、取引状況に応じてATMや振込の手数料が優遇されるプログラムを提供している銀行もあります。

優遇を受けるための条件にカードローンが含まれていれば、ATMや振込手数料の無料回数がアップする可能性がありますよ。

Mikasa:それから、自動融資機能が付帯している銀行カードローンもあります。これは、ATMでの出金や口座からの引き落としの際、普通預金口座残高が不足する場合に自動で融資が受けられるサービスのこと。

自動で融資されるので、借入の手間がかかりません。一方で、自動融資機能を外せない場合もあるので事前の確認が必要です。

Mikasa:銀行カードローンの注意点は、消費者金融と比べて融資までの日数が長い傾向があること。審査の状況や不備などによっては2週間以上かかるケースもあるので、急ぐ方は注意してくださいね。

銀行カードローン金利(年率)利用限度額
三井住友銀行カードローン年1.5%~14.5%10万円~800万円
三菱UFJ銀行バンクイック年1.8%~14.6%10万円~500万円
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%10万円~800万円
りそな銀行カードローン年1.99%~13.5%10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン年1.9%~14.5%10万円~800万円
セブン銀行カードローン年12.0%~15.0%10万円~300万円

三井住友銀行カードローンはカードレスも選べる

項目概要
金利(年率)年1.5%~14.5%
利用限度額50万円のときの金利(年率)年12.0%~14.5%
利用限度額10万円~800万円
最短融資時間最短即日(審査)
キャッシュカードでの借入

Mikasa:三井住友銀行カードローンは、キャッシュカード・ローン専用カード・カードレスの3種類から選べるのが特徴。三井住友銀行の口座を持っており借入がバレたくない人は、キャッシュカードを利用すればバレるリスクを下げられます。

口座を持っておらずカードを増やしたくない方には、カードレスがおすすめ。インターネットバンキングを利用して、カード不要で取引ができます。ただ、カードレスの場合はATMでの借入ができない点に注意してください。

状況カードタイプ
口座を持っているキャッシュカード
口座を持っていない、ATMで借入したいローン専用カード
口座を持っていない、インターネットで借入したいカードレス

Mikasa:審査は最短即日に完了するので、お急ぎの方にもおすすめです。また、三井住友銀行ATMだけでなくコンビニATM(イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM)、ゆうちょATMも手数料無料で利用できます。

※ゆうちょATMはローン専用カードでの取引となります。キャッシュカードでの借入には対応していません。

Mikasa:金利は年1.5%~14.5%(利用限度額が50万円のときは年12.0%~14.0%)と銀行ならでは。メガバンクが提供する安心感も魅力ですね。三井住友銀行が公表しているデータによると、20代~40代を中心に幅広い年代の方が三井住友銀行カードローンを利用しています。

三井住友銀行カードローンの利用者

公式サイトはこちら

三菱UFJ銀行バンクイックはコンビニATMが無料

項目概要
金利(年率)年1.8%~14.6%
利用限度額50万円のときの金利(年率)年13.6%~14.6%
利用限度額10万円~500万円
最短融資時間最短即日(審査)
キャッシュカードでの借入×

Mikasa:バンクイックは、メガバンクのひとつである三菱UFJ銀行が扱うカードローンです。24時間365日パソコンやスマホから申込でき、最短即日に審査が完了するので、急ぐ場面でも対応できる可能性があります。

三菱UFJ銀行のATMに加えてコンビニATMも手数料無料で利用できるので、余計なコストを抑えられますよ。時間帯や曜日にかかわらず無料です。

・三菱UFJ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・イーネットATM

Mikasa:三菱UFJ銀行の口座を持っていれば、アプリからも振込融資が受けられるので、利便性重視の方にもおすすめ。

ただ、初回借入では、振込受付が平日14:00を過ぎると翌営業日の振込となる可能性があるため注意しましょう。土日祝日の場合は、時間帯にかかわらず翌営業日となる可能性があります。

Mikasa:バンクイックはキャッシュカードでの借入に対応しておらず、ATMで借りるにはバンクイックカードが必要です。

バンクイックカードは、テレビ窓口に出向けばその場で受け取れますが、郵送の場合は日数がかかりますから、急ぐ方は注意してくださいね。

公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンはメガバンクの中でも低金利

項目概要
金利(年率)年2.0%~14.0%
利用限度額50万円のときの金利(年率)年14.0%
利用限度額10万円~800万円
最短融資時間最短即日(審査)
キャッシュカードでの借入

Mikasa:みずほ銀行カードローンは、メガバンクのなかで最も上限金利が低く設定されています。加えて、住宅ローンの利用で金利が年0.5%引き下げられる優遇付き。みずほ銀行で住宅ローンを契約していれば、上下金利は年13.5%まで下がりますよ。

申込は、パソコンやスマホから24時間手続きでき、最短即日に審査結果が分かります。キャッシュカードでの取引に対応しているので、ローンカードを見られて借入がバレたくない方にもおすすめです。

Mikasa:借入方法は、ATMとみずほダイレクトの2種類。みずほ銀行ATMのほか、全国の提携コンビニATMが利用できます。

みずほマイレージクラブに入会しており月末時点にカードローンの借入残高があれば、月3回までイーネットATMが無料になりますよ。頻繁に借入する人は、手数料がかかる可能性があるため注意が必要です。

公式サイトはこちら

りそな銀行カードローンは上限金利が低め

項目概要
金利(年率)年1.99%~13.5%
利用限度額50万円のときの金利(年率)年13.5%
利用限度額10万円~800万円
最短融資時間1週間以内
キャッシュカードでの借入

Mikasa:りそな銀行のカードローンは、年1.99%~13.5%と銀行のなかでも上限金利が低めです。さらに、りそな銀行の住宅ローンと同一口座で利用する場合、金利が年0.5%優遇されます。

優遇後の上限金利は年13.0%となりますので、他社よりも利息負担を減らせる可能性がありますね。申込から契約までアプリまたはWEBで完結できるので、手間もかかりません。

Mikasa:キャッシュカードでの取引に対応しているので、スムーズに借入できるだけでなく、家族や周囲にバレたくない方も利用しやすいでしょう。加えて、取引でポイントが貯まるのも特徴です。月中平均残高10万円以上でりそなクラブポイントが毎月20ポイント貯まり、他社ポイントに交換することもできますよ。

Mikasa:ちなみに、りそな銀行によると、カードローン契約時の利用限度額は、8割超の方が50万円以下との結果に。50万円程度のお金を借りるのに適した方法と言えますね。

公式サイトはこちら

楽天銀行スーパーローンは審査優遇あり

項目概要
金利(年率)年1.9%~14.5%
利用限度額50万円のときの金利(年率)年14.5%
利用限度額10万円~800万円
最短融資時間最短即日(審査)
キャッシュカードでの借入×
無利息サービス初回借入日の翌日から30日間(条件あり)

Mikasa:楽天ユーザーは、楽天銀行スーパーローンがおすすめ。楽天銀行スーパーローンは、楽天会員ランクに応じて審査優遇を受けられるのが特徴です。楽天会員ランクが高ければ必ずしも審査に通るというわけではありません。

ただ、ダイヤモンド会員やプラチナ会員の場合、楽天サービスの利用実績があることは間違いないので、審査で有利に働く可能性は高いでしょう。

Mikasa:金利は年1.9%~14.5%であり、銀行のなかで特別低いわけではありません。ただし、銀行では珍しく無利息サービスを提供しています。

楽天銀行口座と楽天銀行スーパーローンを同時申込すれば、初回借入日の翌日から30日間無利息が適用されますよ。「契約日の翌日から」ではなく「初回借入日の翌日から」適用されるのもメリットですね。

Mikasa:さらに、振込融資を利用する際、楽天銀行口座なら24時間365日即時に振り込まれます。楽天銀行口座を持っている、または楽天ヘビーユーザーの人は積極的に検討したい借入先と言えるでしょう。

公式サイトはこちら

セブン銀行カードローンはカードレス取引できる

項目概要
金利(年率)年12.0%~15.0%
利用限度額50万円のときの金利(年率)年15.0%
利用限度額10万円~300万円
最短融資時間最短翌日
キャッシュカードでの借入

Mikasa:自宅や職場近くにセブン銀行ATMがある人におすすめのカードローンです。公式アプリ「Myセブン銀行」を使えば、キャッシュカードの到着を待つことなくセブン銀行ATMで借入・返済ができます。

利用できるATMはセブン銀行ATMに限られますが、手数料無料なのが大きなメリットです。セブン銀行ATMは全国に26,000台超ありますから、利便性は申し分ないですね。

Mikasa:申込から契約までアプリで完結できるので、手続きもカンタンです。加えて、収入のない専業主婦も、配偶者が安定した収入を得ていれば申込できます。消費者金融の場合は、基本的に本人安定した収入がないと借入できないので、この点もメリットですね。

Mikasa:ただ、セブン銀行カードローンは即日融資には対応しておらず、最短翌日の借入となる点には注意してください。

公式サイトはこちら

50万円を一度だけ借りたいならフリーローン

Mikasa:フリーローンは、カードローンと同じく利用用途を指定されないローンです。では、カードローンとどう違うのか?ズバリ、借入回数です。

カードローンは、審査で決まる利用限度額の範囲で、いつでも何度でも借入ができます。一方、フリーローンは契約後に一括で借入金が入金される仕組みです。

フリーローンとカードローンの違い

Mikasa:フリーローンの場合、一度借りたあとは返済のみを行います。カードローンのように追加での借入はできませんが、使いすぎを防止できますね。

加えて、フリーローンは、カードローンよりも金利が低く設定されているケースが多いです。50万円を一度だけ借りたい方は、カードローンよりもフリーローンが適しているでしょう。

Mikasa:ただし、追加の借入が必要となったとき、改めて申込・審査が必要な点には注意してくださいね。その他の注意点として、フリーローンを利用する際は使途確認書類が必要なケースが多いです。

これは、使い道を証明するための書類のことで、見積書や注文書、契約書などを指します。使途確認書類を提出できない場合は借入ができないケースもあるので、事前によく確認しておきましょう。

Mikasa:それから、銀行によっては「年収200万円以上、勤続年数2年以上」というように最低年収・勤続年数が設けられており、条件を満たさない場合は申込できないため注意が必要です。

ちなみにカードローンの場合、基本的に最低年収や勤続年数の制限はありません。

フリーローン金利(年率)借入金額
三井住友銀行フリーローン年5.975%(変動金利)10万円~300万円
みずほ銀行の多目的ローン年5.875%(変動金利)
年6.95%(固定金利)
10万円~300万円
住信SBIネット銀行フリーローン年4.775%~12%(変動金利)10万円~1,000万円

三井住友銀行フリーローンは金利優遇あり

項目概要
金利(年率)年5.975%(変動金利)
借入金額10万円〜300万円
最短融資時間最短即日(審査)

Mikasa:三井住友銀行のフリーローンは、年5.975%と比較的低めに設定されています。さらに、三井住友銀行で住宅ローンを利用している、もしくはSMBC Greenプロジェクト関連の資金に充てる場合は、金利が年3.0%優遇されます。

Mikasa:SMBC Green プロジェクトというのは、環境負荷軽減を目指す取り組みのこと。省エネ性能機器の購入・設置に充てる場合に優遇が受けられます。引き下げ後の金利は年2.975%ですから、かなり低金利で借入できることになりますね。住宅ローンの契約があっても、返済に遅れている場合は優遇を受けられないのでご注意を!

Mikasa:申込はWEBから24時間手続きでき、審査結果は最短即日に分かるのでスムーズですよ。契約の際はローン契約機へ出向く必要がありますので事前に調べておきましょう。

Mikasa:一方、三井住友銀行フリーローンには年収制限があり、年収200万円未満の方は申込ができません。それから、他社との合計で年収の2分の1を超える借入はできない点に注意しましょう。

公式サイトはこちら

みずほ銀行の多目的ローンは証書貸付ローン利用で年0.1%優遇

項目概要
金利(年率)年5.875%(変動金利)
年6.95%(固定金利)
借入金額10万円〜300万円
最短融資時間記載なし

Mikasa:みずほ銀行は、「多目的ローン」というサービス名で、原則として使い道が自由なフリーローンを提供しています。変動金利、固定金利から選ぶことができ、いずれも低めの設定。変動金利を選べば、より低金利で借入できます。

一方、固定金利は変動金利と比べると高めです。ただし、借入期間中ずっと金利が変わらないため安心です。

Mikasa:さらに、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中または過去に利用した場合は、金利が年0.1%引き下げられる優遇があります。

Mikasa:銀行のローンは満20歳から申込できるケースが多いですが、みずほ銀行の多目的ローンは満18歳・満19歳も対象です。

ただし、年収200万円未満の人、勤続年数2年未満の人は申込ができないので注意してくださいね。加えて、他社の無担保借入額との合計が年収の2分の1を超える場合は、借入ができません。

公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行フリーローンは使途確認書類が不要

項目概要
金利(年率)年4.775%~12%(変動金利)
借入金額10万円~1,000万円
最短融資時間2週間程度

Mikasa:住信SBIネット銀行のフリーローンは、年収や勤続年数の制限がなく、満20歳以上で安定継続した収入があれば申込できます。WEBのみで申込でき、使い道が分かる「資金使途確認書類」が不要なため、スムーズに手続きできるでしょう。

Mikasa:金利は、年4.775%~12.0%と低めに設定。さらに、サービス利用状況に応じて最大年1.0%の優遇が受けられます。

区分優遇内容
①仮審査申込日前日時点で住宅ローン残高がある年0.1%引き下げ
②仮審査申込日前日時点でカードローン契約がある年0.5%引き下げ
③仮審査申込日時点でSBI 証券口座保有登録が「登録済」である年0.5%引き下げ

Mikasa:金利の優遇を受けると、年3.775%~11.5%まで下がります。さらに、住信SBIネット銀行フリーローンは「スマートプログラム」の対象です。スマートプログラムというのは、住信SBIネット銀行の利用状況に応じてATM&振込手数料の無料回数UPの特典を受けられる優遇プログラムのこと。

普段から住信SBIネット銀行を利用しているなら、よりお得に利用できますよ。

Mikasa:ただ、住信SBIネット銀行フリーローンは借入まで2週間程度の日数を要します。来店不要で手続きできるのは便利ですが、借入まで日数がかかるのは急ぐ人にとってデメリットだと言えるでしょう。

公式サイトはこちら

使い道が決まっているなら目的別ローン

目的別ローン

Mikasa:目的別ローンというのは、特定の使い道にのみ利用できるローンのこと。代表的なものでいうと、住宅ローンや自動車ローンのことですね。目的別ローンは、使い道が自由なローンと比べて金利が低めに設定されています。

つまり、使い道が明確かつ対応できるローンがあるなら、目的別ローンを選んだほうが低金利で借りられる可能性が高いということです。目的別ローンの例をいくつか紹介しますね。

住宅ローン(住宅購入時)
自動車ローン(自動車関連費用)
教育ローン(教育関連費用)
デンタルローン(歯科治療費)
ブライダルローン(結婚式や新婚旅行費用)

Mikasa:50万円の使い道が決まっている人は、まず利用できる目的別ローンがないかを確認し、対応できなければ使い道が自由なカードローンやフリーローンを検討しましょう。

Mikasa:目的別ローンの借入金は、一括で入金され、その後は返済のみを行います。返済忘れを防止できる一方で、追加借入をしたいときは改めて申込・審査が必要となる点に注意が必要です。

カードローンのように、利用限度額の範囲でいつでも何度でも借りられるわけではありません。また、カードローンと比べると融資までの日数が長い傾向がありますので、急いでいる人は事前に確認してくださいね。

審査なしで50万円を借りる方法

Mikasa:50万円が必要な人のなかには、「審査に通るか不安」「審査に手間や時間をかけたくない」という方もいますよね。まず、金融機関から審査なしで借入をすることはできません。なぜなら、審査は法律で義務付けられているからです。

Mikasa:加えて、金融機関は貸したお金を返してもらわないと事業を継続していけませんから、必ず審査で「貸したお金を滞りなく返していけるか」を確かめます。

ただ、あらかじめ審査を終えている場合や、担保がある場合などは、審査なしで借入できるケースがあります。具体的な方法を紹介しますね。

・クレジットカードのキャッシング
・生命保険の契約者貸付
・総合口座の自動貸越サービス

クレジットカードのキャッシング

Mikasa:クレジットカードのなかには、商品を後払いで支払える「ショッピング機能」のほかに、現金を借りられる「キャッシング機能」が付帯しているものもあります。

クレジットカードの利用枠

Mikasa:お持ちのクレジットカードに「キャッシング枠」を設定すれば、利用限度額の範囲でATMや現金で借入ができるというものです。

Mikasa:クレジットカードのキャッシングも審査は必要です。ただ、キャッシング枠を設定した際に審査を受けているので、改めて受ける必要がありません。つまり、キャッシング枠を設定済みなら、審査なしで借りられるということですね。

この場合は即日に借りられるので、急ぐ場面でも対応できます。まずはお持ちのクレジットカードの会員ページや利用明細書などを確認し、キャッシング枠が付帯されているか、利用限度額はいくらかを確認してみてください。

Mikasa:ただ、クレジットカードのキャッシングは一般的にカードローンよりも利用限度額が低い傾向があります。ですので、キャッシングだけでは50万円を調達できない可能性も高いでしょう。

Mikasa:それから、クレジットカードによってはキャッシング枠の利用限度額がショッピング枠に合算されます。例えば、「カード利用可能枠50万円(内キャッシング枠20万円)」と設定されている場合、キャッシングで20万円を借りてしまうと、ショッピングに利用できるのは残り30万円です。

反対に、すでにショッピングで40万円使っている場合、キャッシングは10万円までしか利用できません。事前によく確認して利用してくださいね。

生命保険の契約者貸付制度

Mikasa:貯蓄型の生命保険に加入している人は、契約者貸付が利用できないか調べてみましょう。契約者貸付というのは、生命保険の解約返戻金の一定範囲内でお金を借りられる制度です。

解約返戻金は、生命保険を解約したときに保険会社から契約者に支払われるお金のこと。解約時に返ってくるお金を担保に借りるので、審査が不要というわけですね。保険会社によっては、手続きした当日中に振り込まれるのでスムーズですよ。

Mikasa:借入できる金額は保険会社や商品によって異なりますが、解約返戻金の6~9割程度です。会員ページや、保険会社から定期的に届く「ご契約内容のお知らせ」に借入可能額が記載されていますので、確認してみましょう。

Mikasa:審査がないのに加えて、低金利で借りられるのも契約者貸付のメリットです。高くても年6.0%程度なので、返済負担を抑えられます。実際の金利は、保険会社や商品によって異なるのでよく確認してくださいね。

保険会社貸付利率(年率)
住友生命年1.55%(2017年4月2日以降の契約)
日本生命年2.0%(2022年4月2日以降の契約)
明治安田生命年2.15%(2013年4月2日以降の契約)
太陽生命年3.0%(2001年4月2日以降の契約)

Mikasa:契約者貸付は解約返戻金をもとにお金を借りる仕組みですので、掛け捨て型保険では利用できません。

それから、契約者貸付は「毎月○日」というように決まった返済日がないので都合に合わせて返済できますが、元金+利息が解約返戻金を上回ると、保険契約が失効になってしまうおそれがあります。

保険契約が失効になれば、いざというときに保障が受けられませんから、十分に注意してください。

総合口座の自動貸越サービス

Mikasa:銀行に、普通預金と定期預金がセットになった「総合口座」を開設している人は、自動貸越サービスでお金を借りられる可能性があります。自動貸越サービスは、普通預金口座の残高を超えて払い出した場合に、自動で融資が受けられるサービスのこと。

自動貸越サービス

Mikasa:借入可能額は銀行によって異なりますが、一般的に定期預金の90%程度です(上限あり)。つまり、定期預金残高が56万円程度あれば、50万円を借りられます。

事前の申込なくすぐに利用できるケースが多いので、急ぐ人にもおすすめです。加えて、金利もかなり低めに設定されています。

ちなみに、メガバンク3行の金利は年0.502%です。返済は、普通預金に入金するだけなのでカンタンですよ。

Mikasa:そもそも自動貸越サービスを扱っていない銀行もありますので、まずは取引のある銀行で利用できるかどうかを確認しましょう。

それから、自動貸越サービスで借入をすると、通帳に普通預金口座残高がマイナスで表示されます。家族に借入を知られたくない人は、通帳の管理には気を付けてくださいね。

無職なら公的融資

Mikasa:カードローンなどのローン商品を利用する際は、安定した継続収入を得ている必要があります。無職の人は返済能力がないと判断されてしまうので、基本的に借入はできません。無職で「50万円が必要」という状況の人は、公的融資を検討しましょう。

Mikasa:例えば、社会福祉協議会が主体の「生活福祉資金貸付制度」では、低所得者・障害者・高齢者世帯に貸付を行っています。生活再建に必要な費用や、緊急かつ一時的に生活が苦しいときの費用など、さまざまな資金が対象です。

資金の種類資金の内容融資限度額
生活支援費生活再建に必要な生活費月20万円以内(単身世帯は月15万円以内)
住宅入居費賃貸契約を結ぶのに必要な費用40万円以内
緊急小口資金緊急かつ一時的に生計の維持が困難な場合の少額の費用10万円以内
教育支援費低所得世帯に属する者が高校、大学または高等専門学校に修学するのに必要な経費月3.5万円~6.5万円以内
就学支度費低所得世帯に属する者が高校、大学または高等専門学校への入学に際し必要な経費50万円以内

Mikasa:厚生労働省が公表しているデータによると、2021年3月時点の緊急小口資金の決定総額は2,051.6億円、総合支援資金(初回貸付)は4,940.7億円にのぼります。

Mikasa:公的融資は、営利を目的としていませんから、低金利で借りられるのもメリットです。生活福祉資金貸付制度の場合は年1.5%、連帯保証人を立てる場合は無利子で借りられます。

Mikasa:そのほか、職業訓練受講給付金を受給する予定の人を対象とした「求職者支援資金融資制度」などもあります。まずは対象となる公的融資制度がないかを調べてみましょう。

専業主婦なら配偶者貸付

Mikasa:配偶者貸付というのは、配偶者との合算年収の3分の1まで借入が認められる制度です。

消費者金融のカードローンを利用する場合、貸金業法の「総量規制」により年収の3分の1を超える借入はできません。要するに、収入のない専業主婦はお金を借りることができないのですね。

Mikasa:しかし、配偶者貸付を利用すると、専業主婦でも借入できる可能性があります。例えば、配偶者の年収が150万円の場合、合算年収(150万円)の3分の1である50万円までは借入が可能です。

ただ、利用限度額は審査で決まるので、実際に合算年収の3分の1まで借りられるとは限りません。

Mikasa:注意すべきなのは、配偶者の同意が必須な点です。配偶者に内緒で借りたい場合、配偶者貸付は利用できないのでご注意を。

Mikasa:ちなみに、銀行カードローンの場合は、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申込できる場合があります。

例えば、先ほど紹介した楽天銀行スーパーローンのホームページには、専業主婦も申込対象となる旨が明記されています。

どの金融機関でも基本的に利用限度額は低くなりますが、専業主婦も対象としているカードローンを検討すると良いでしょう。

学生なら学生ローン

Mikasa:学生ローンは、名前のとおり「学生向け」のローンですから、収入が少ない学生でも借入できる可能性が十分にあります。借入できる金額は少額ですが、親に内緒で利用することも可能です。

また、多くの学生ローンは、収入証明書類を提出すれば満18歳・満19歳でも申込できます。

学生ローン金利(年率)利用限度額対象年齢
カレッジ年17.0%1,000円~50万円満18歳以上(高校生は不可)
マルイ年12.0%~17.0%1万円~100万円満18歳以上(高校生も可)
イーキャンパス年14.5%~16.5%1万円~80万円満18歳以上(高校生は不可)

Mikasa:学生ローンの利用限度額は、最高でも50万円程度と低め。ただ、カードローンを利用したとしても学生が借りられる金額は一般的に少額でしょう。

注意すべき点は、カードローンと比べて利便性に劣る点ですね。学生ローンは、借入・返済の選択肢が限られており、ATM利用手数料や振込手数料がかかるケースも少なくありません。

Mikasa:郵送でのやりとりが発生する場合もあるので、家族にバレたくない人やスムーズに借入したい人は、事前によく検討してくださいね。

50万円を借りる条件

Mikasa:50万円を借りるには、金融機関の審査に通過する必要があります。ここでは、50万円を借りるのに必要となる主な条件を解説しますね。

・申込条件を満たしている
・年収が目安として150万円以上ある
・信用情報に問題がない

申込条件を満たしている

Mikasa:基本的なことですが、各金融機関が定める申込条件を満たしていないと、そもそも審査を受けることができません。申込条件は金融機関によって異なりますが、大きく「年齢をクリアしているか」「安定した収入を得ているか」の2つです。

ローンの申込内容

Mikasa:年齢条件は、「満18歳以上」「満20歳以上」のいずれかです。2022年4月に成人年齢が引き下げられたことを受け、一部の金融機関では「満18歳以上」から申込ができるようになりました。

満20歳以上でなければ申込できない金融機関もあるので、満20歳未満の人は事前に確認しましょう。

Mikasa:すでに述べたとおり、収入のない人も申込はできませんのでご注意を。

年収が目安として150万円以上ある

Mikasa:消費者金融から50万円を借りるには、年収が目安として150万円以上必要です。先に少し触れましたが、貸金業法には「総量規制」というルールがあり、年収の3分の1を超える借入は禁止されています。

総量規制の解説

Mikasa:銀行のローンは、総量規制の対象にはなりません。ただ、銀行も過剰な貸付を行わないよう、消費者金融と同水準の融資上限枠を設定しています。

金融庁によると、他社からの借入も踏まえて年収債務比率に上限を設定している銀行のうち、94%が「年収2分の1」または「年収3分の1」を上限としています。

要するに、50万円を借りるには年収が少なくとも100~150万円程度必要ということですね。

借入があるなら年収の3分の1以下かどうかもチェック

Mikasa:すでに他社からお金を借りている人は借入金額を把握し、年収の3分の1を超えない金額で申込しましょう。

総量規制は、1社からの借入金額ではなく、貸金業者からの借入合計に対して適用されます。例えば、年収150万円の人がA社から20万円借りている場合、新たにB社から借入できるのは最大30万円までです。

Mikasa:「貸金業者からの借入」には、消費者金融カードローンだけでなくクレジットカードのキャッシングも含まれますので注意してくださいね。

信用情報に問題がない

Mikasa:信用情報に延滞などの金融事故情報が登録されていると、基本的に借入は難しいと思っておきましょう。

信用情報というのは、クレジットカードやローンの過去~現在までの客観的な取引事実を記録したもので、信用情報機関によって保管・提供されています。

信用情報機関の役割

Mikasa:各金融機関が審査の際に信用情報を照会することで、「過去にローンを長期にわたり延滞していた」といった履歴が分かるようになっています。

貸す側の立場で考えてみると、申込者が金融トラブルを起こした経験があることが分かれば、「貸付をしても返してくれないのでは」と躊躇するでしょう。

Mikasa:信用情報は、融資可否を判断するうえで重要な材料のひとつということですね。審査に影響を与えるのは、以下のような金融事故情報です。

・長期の延滞
・強制解約
・代位弁性(債務履行)
・債務整理など

Mikasa:信用情報機関と情報の種類によって異なりますが、これらの情報は5~7年間登録されます。

数年以内に金融事故を起こした人は、申込をする前に信用情報機関に開示請求を行い、自分の信用情報に問題がないか確認することをおすすめします。

Mikasa:開示した結果、信用情報に金融事故情報が残っていた場合は、その履歴が消えるまで申込は避けたほうが良いでしょう。審査に落ちるとその履歴も残りますのでご注意を。

50万円を借りるときの注意点

Mikasa:借りたお金は返すのがキホンです。カードローンやキャッシングは「借金」にあたりますから、注意点もしっかり理解しておきましょう。

・利息を把握して計画的に利用する
・収入証明書の提出が必要な場合がある
・違法業者を利用しない

利息を把握して計画的に利用する

Mikasa:お金を借りると、利息を加えて返済していく必要があります。利息の仕組みや計算方法を理解していないと、支払い額が大きくなり返済が難しくなる可能性も。

特に、カードローンは目的が決まっているローンなどと比べて金利が高く、返済が長引くと利息が大きくなりやすい傾向があります。

加えて、カードローンは利用限度額の範囲で何度でも借入できるがゆえに、借りすぎてしまうリスクもあるため注意が必要です。

Mikasa:利息の仕組みを理解するために、計算式を確認しましょう。

利息=借入金額×金利(年率)÷365日(うるう年は366日)×借入日数

Mikasa:金利が高ければ、当然利息額も大きくなります。それから、借入金額が大きくなるほど、または借入日数が長期になるほど利息も増える仕組みです。

Mikasa:ローンを扱う金融機関は、それぞれホームページ上で「返済シミュレーション」を提供していますから、事前に利用して利息額や返済回数を把握しましょう。

追加借入をするときも、シミュレーションツールで無理なく返済できるかを確認したうえで借りることが需要です。

50万円を借りるときの返済シミュレーション

Mikasa:50万円を借りると、実際のところどの程度利息がかかるのか?気になりますよね。50万円を借りるときの利息額や返済回数を試算してみましたので、借入を検討する際のご参考に。

以下は、金利年18.0%で50万円を借入し、毎月15,000円・20,000円返済したときの試算結果です。

毎月の返済額返済回数利息額総返済額
15,000円47回198,327円698,327円
20,000円32回131,374円631,374円

Mikasa:次に、金利年18.0%で50万円を借入し、毎月15,000円を返済したときの利息額を、無利息期間がある場合とない場合で比較してみましょう。

無利息期間返済回数利息額総返済額
30日間46回183,549円683,549円
なし47回198,327円698,327円

Mikasa:試算結果からも、早く返済するほど利息額を抑えられることが分かりますね。カードローンの最低返済額は低く設定されていますが、余裕のあるときはそれよりも多く返済することで、返済期間を短縮でき利息額を軽減できます。

収入証明書の提出が必要な場合がある

Mikasa:利用限度額が50万円までなら、基本的に本人確認書類のみの提出で申込できます。ただ、審査の過程で必要だと判断された場合は、収入証明書類の提出も必要です。

収入証明書類というのは、自身の1年間の収入を証明する書類のことで、以下のような書類が該当します。

・源泉徴収票
・給与明細書
・所得(課税)証明書
・住民税決定通知書
・確定申告書
・青色申告書
・収支内訳書

Mikasa:収入証明書類の提出を求められるのは、以下のケースです。

・利用限度額が50万円を超える場合
・利用限度額と他社からの借入合計が100万円を超える場合
・審査で必要だと判断された場合

Mikasa:貸金業法で義務付けられているので、消費者金融を利用する際に利用限度額が50万円を超える場合は、必ず提出が必要です。

一方、銀行に貸金業法は適用されません。ただ、金融庁が銀行カードローンを扱っている120行に行った調査によると、96%の銀行が収入証明書類の取得基準について貸金業法と同水準もしくはより厳格な基準を設定しています。

収入証明書の取得基準

Mikasa:つまり、銀行カードローンを利用する際も、利用限度額が50万円を超える場合や、他社との合計で100万円を超える場合は、基本的に収入証明書類の提出が必要となるでしょう。

違法業者を利用しない

Mikasa:貸付をする際は、都道府県知事または財務局長の登録を受けなくてはなりません。しかし、登録を受けずに違法な貸付を行う業者も存在します。

とにかく50万円が必要で、「審査がないところから借りたい」「すぐに返せば問題ないのでは」と考える人もいるかもしれませんが、違法業者の利用は絶対に避けてください。

Mikasa:違法業者を利用すると、法外な金利で貸付されてあっという間に利息がふくらみ、たちまち返済できなくなってしまいます。

さらに、違法業者の取立ては厳しく、家族や勤務先にも影響を及ぼす可能性が高いです。早朝・深夜の執拗な取立てや、家族への支払い要求など、精神的に追い込まれるような取立てを行ってきますので、どれだけ急いでいても利用はNGです。

借入の際は、以下のようなポイントで違法業者でないかを見極めましょう。

・貸金業登録番号が記載されているか
・貸金業登録番号が正しいか
・住所や連絡先が明示されているか
・金利が年20.0%を超えていないか
・「審査が甘い」「審査なし」などと謳っていないか

Mikasa:また、金融庁は給与ファクタリングや個人間融資にも注意喚起を行っています。

給与ファクタリングの仕組み

給与ファクタリング:給与債権を買い取ってもらい、手数料が差し引かれた金額を給料日前に受け取れるサービス
個人間融資:SNS上などで個人と個人でお金の貸し借りをすること

Mikasa:違法な業者を利用してしまう、またはトラブルに巻き込まれるリスクがあり非常に危険なので、利用しないようにしましょう。

まとめ

Mikasa:50万円を借りる方法は複数あり、お金が必要な状況によって選ぶべき方法が異なります。状況別のおすすめ借入方法を以下にまとめますね。

状況借入方法
今日中に借入したい(※)大手消費者金融カードローン
低金利で借入したい銀行カードローン
50万円を一度だけ借りたい銀行フリーローン
使い道が明確に決まっている目的別ローン
審査なしで借りたい・クレジットカードのキャッシング
・生命保険の契約者貸付
・総合口座の自動貸越サービス
無職である公的融資
専業主婦である配偶者貸付
学生である学生ローン

Mikasa:50万円が今すぐ必要なら、融資スピードが早く利便性に優れた大手消費者金融カードローンがおすすめ。また、金利の低さを重視するなら銀行カードローンを検討しましょう。

Mikasa:50万円を借りるには、「申込条件を満たしている」、「年収150万円以上」の条件を満たすことが必要です。借入が年収の3分の1を超えている場合や、信用情報に問題がある場合、借入は難しいと思っておきましょう。

Mikasa:お金を借りたら、利息を加えて返済日までに滞りなく返済するのがキホンです。申込前に返済シミュレーションを利用し、利息額や返済回数を把握しましょう。また、いくら急いでいても、違法な業者からお金を借りるのは絶対に避けてくださいね。

このページの先頭へ